ホーム / ニュース

高温媒体下でのポンプメカニカルシールの応用

現在,ポンプメカニカルシールは高パラメータ(高温,高圧,高速,大口径)に向けて開発中である。高温方向はその一つである。大部分の液体媒体の粘度と潤滑性は高温で減少し,腐食性が増加する。同時に、従来の補助シールリング、端面シールペア及び使用されるバネ材料は、250℃より高い温度で不安定になる°c。例えば、ゴム部品は、PTFEシール(使用温度が220より高くありえない)を失います℃) 元の寸法精度を失い、硬いシールの端面は熱変形またはクラックされ、カーボングラファイトソフトリングの端面は青くなる。摺動端面の温度はコーキングと凝固を引き起こし、それはシールの通常の動作に重大に影響する。

ポンプメカニカルシール材料の選択によれば、高温条件下では、アンチモングラファイト用のホットプレス焼結SiC又は銅グラファイト用の固溶体超硬合金がシールペアに推奨される高ニッケル合金は、ばね材料のために推薦されます;補助シールリング材料は、無機材料を推薦されます。

For the sealing of high temperature and flammable media, it is recommended to use a tandem pump mechanical seal with an unpressurized quench fluid. On the atmosphere side, the quenching fluid can prevent the deposition of cracked products, and it can also prevent the direct leakage of the warm medium.