ホーム / ニュース

Reference to Seal industry, there are so many types of seals to know and to use for different industries. So let us know about what O-ring seal products and its application is. In this post, we will also talk about the common types of O-Ring applications, and their impact on O-ring sizing and hardware design.


Oリングシールは何ですか?

O Ring, also known as packing or toric joint, is a kind of ring-shaped mechanical washer; it is an elastic body ring with circular cross-section, which is designed to be fixed in the groove, compress when assembling two or more parts, and form a seal at the interface. O-rings can be used in static or dynamic applications where there is relative motion between the part and the O-ring. Dynamic examples include rotating the pump shaft and the hydraulic cylinder piston. The static application of O-ring can include fluid or gas sealing application, in which: the O-ring is compressed and leads to zero clearance; the material of O-ring is sulfurized solid, which makes it impermeable to fluid or gas, and the O-ring material can resist the degradation of fluid or gas. O-rings are one of the most commonly used seals in mechanical design because they are cheap, easy to manufacture, reliable and easy to install. They have been tested to seal up to 5000 psi (35 MPa) and the maximum recommended pressure for pressure O-rings depends on seal hardness and gland clearance.


Oリング様々なメトリックと英語の標準サイズでご利用いただけます。寸法は内径と断面直径(厚さ)で指定する。アメリカ合衆国では、最も一般的な標準的なインチサイズはSAE AS 568 C仕様(例えばAS 5688 - 214)に会います。ISO 3601 - 1 : 2012は、インチとメトリックを含む世界で最も一般的に使用される標準サイズを含みます。英国ではBSサイズとして知られている標準的なサイズもあります。その他のサイズもご利用いただけます。


O -リングとガスケットについての違いは?

空気または液体で封をされる必要がある製品ですか?基本的に2つの選択肢:ワッシャーまたはOリングがあります。しかし、2つの機能は類似しているが、その性能は圧力や設計仕様によって異なる。これが二つの違いです。


ガスケット

ワッシャーは、2つの平面の間の材料の平らな部分です。ガスケット材料、それがネオプレン、ゴム、シリコーンまたは他の柔軟な材料であるかどうかにかかわらず、液体または空気(時々時々)は領域の中にまたは外へ漏れるのを防ぎます。ガスケットはほぼ任意の形状に切断することができる。多くは円と円です、しかし、他は長方形、正方形、三角形、半円、ほとんどどんな形でもあります。使用される材料と同様に、ガスケットは多くの異なるコーティングで層状にすることができる。これらの層は、最終用途および用途に寄与する。ガスケットは、感圧性接着剤、またはいくつかのコーティングの組み合わせで積層されることができる。


Oリングシール

O -リングは、2つの(通常円筒形の)部品の間の溝に位置する円形の、環状の部分です。つのコンポーネントの圧縮は、気密で、きつく密封を形成します。O -リングは、ゴム、ネオプレンまたはポリウレタンのような多くの柔軟な材料でできていることができます。リングの形状は、Oリングの主な特徴です。リングの高さと厚さは、あなたのデザインに応じて変化することができます。用語注:どんなO -リングも技術的にガスケットと呼ばれることができますので、それは液体と空気の移動を防ぐが、Oリングはガスケットの特別な形ですが、ウォッシャーはOリングと呼ばれることはできません。


Oリングアプリケーションの多くの種類?

静的軸シール

静的軸シール用の溝を設計する場合、第1の考慮は、圧力が内向きまたは外側から来るかどうかである。外圧が加わった場合、溝の外径は主要な要因であり、溝の幅は内径を考慮する主要な要因である。内圧は内径が主要因である。これは、Oリングが押出ギャップをシールするために最小距離を動かす必要があることを保証します。


往復動シール

O-Rings are used in dynamic reciprocating applications, usually hydraulic or pneumatic piston or rod seals. For short stroke applications, smaller diameter O-rings perform well. Thicker cross-section O-rings are required for long stroke applications. There are many failure modes in dynamic sealing applications, and there is no problem with static O-rings. We will discuss this topic in a future blog post.


ロータリーシール

適切な条件下では、Oリングは信頼性のある回転シールであることが証明されている。適切な硬さテスター、ハードウェア構成とフィートごとに適切なOリング化合物に一致する必要があります。回転Oリングの成功にはロックウェル硬度数55が必要である。いくつかのO -リング化合物は、ロータリーサービスのために特別に設計されています。


どのようにO -リングの仕事?

O -リングはおそらく最も一般的な流体力学的なシールです。彼らは世界中のメーカーによって作られた数十億ドルの製品であり、彼らはポンプやバルブからシリンダやコネクターへの何かから漏れを防ぐ。コンパクトで、経済的なコンポーネントは、空気圧と油圧アプリケーションの静的でダイナミックな操作を扱います。これらの単純なシールは、リング(技術的にリング)で環状の断面で構成されています。通常はニトリルゴム、クロロプレンゴム、シリコーンゴムなどのエラストマーで構成されているが、ポリテトラフルオロエチレンや金属などのプラスチックで作られている。サイズは、数インチから直径の数メートルまでの範囲です。


Oリングは、機械的変形によって密封され、流体の潜在的な漏れ経路に対する2つの密接に整合した表面の間の障壁を形成する。Oリングは、通常、シールされる表面の一方に機械加工又は成形される溝に設置される。それらのゴム状の特性は、それらを結合部品の寸法変化を補償することを可能にする。サイズが適切な場合、表面間のクリアランスはOリングの外径よりも小さい。その結果、2つの面が接触して腺を形成すると、Oリングを圧縮し、円形断面を変形させる。シールのこのラジアル押出は、表面が腺の内側および外側の壁と接触していることを保証する力を生成する。