ホーム / ニュース

現在,ベローズメカニカルシールとその補助システムの主な故障モードは以下の通りである。

(1)ベローズの破損又は破損によるベローズシール破損の破損又は破損によるシール不良。

ベローズの剛性または弾力は、使用の間、ゆっくり減少します。このような弾性低減は、通常、弾性の損失と呼ばれる。ベローズの弾性損失が設計初期圧縮の18 %から20 %を超えると,ベローズの機械的シールが漏れてしまうことが実験的,実用的に示された。Jinliベローズの機械的シールは200℃以下の温度で使用される℃, しかし、高温で使用される℃). ポンプが起動した後、ポンプがすぐにリークされます。金属ベローズアセンブリの高さは,設置前と比較して平均2〜3 mm減少した。ベローズは、永久変形または応力緩和のために主に弾性で失われます。もう一つは、蛇腹の亀裂において作動媒体が結晶化し沈降することであり、ベローズの変形能力を低下させたり失ったりすることである。したがって、ベローズがその弾力を失う主な理由は、中程度の荷重です。

2)マッチド摩擦対における黒鉛リングの過度摩耗によるシール破損

一般的に、機械シール除去検査の失敗は、グラファイトシールリングが真剣に着用されることを見出した。解析および試験により,ベローズの機械的シールの比圧はベローズの実効直径に影響され,圧力とともに有効径が変化することが分かった。ベローズが外部圧力の下であるとき、有効直径は圧力の増加とともに減少するベローズが内圧の下では、圧力の増加に伴って実効直径が増加する。圧力が多すぎるので、摩擦対の摩擦が深刻で、黒鉛リングが過度に摩耗してリークが発生する。

3)ペア摩擦ペアにおける超硬合金リングの熱割れによるシール破損

熱間割れに起因するシール摩擦ペアの硬質合金リングには多数の放射状亀裂が存在する。熱分解の主な理由は高い局所熱応力である。超硬合金リングとリングシートの間の線膨張係数の違い,オーバレイ構造あるいは全体構造を採用した。シール冷却フラッシング系におけるフルードタイプ、フラッシング方法、フラッシング流量は、シール端面に熱割れを起こすことがある。